医学部 臨床医学皮膚科学Dermatology

JapaneseEnglish

研究室HP

集合写真

当教室は、現在20名の教室員で診療・研究にあたっている。診療においては、能登地区からの紹介患者の受け入れや、能登地区を中心とした関連病院に医師を派遣し、地域医療の拠点としてcommon diseaseから難治性皮膚疾患の診療にあたっている。
主な研究テーマは皮膚真菌症であり、Sporothrix schenckii や黒色真菌症の分子生物学的分類法の研究や、近年社会問題となっているTrichophyton tonsurans 感染症の分子疫学的検討とともに、周辺の中・高・大学での検診活動にも力を入れている。最近では、学外組織との共同研究も盛んで、真菌の顕微形態の画像解析や、真菌成分に対する免疫応答の解析も試みている。また、全国からの分離真菌同定依頼にも応じている。

お問い合わせ

TEL: 076-218-8141 / FAX: 076-286-6369 / Email: dermat@kanazawa-med.ac.jp

所属者紹介

講座主任

  • 望月 隆 皮膚科学4望月

准教授

  • 西部 明子
  • 渡邉 晴二

講師

  • 竹田 公信
  • 藤井 俊樹
  • 石崎 康子

助教

  • 牛上 敢
  • 島田 俊嗣
  • 安澤 数史

研究医(員)

  • 八田 順子
  • 南部 昌之
  • 渡部 絢子
  • 坂田 祐一
  • 池村 渓伺

主な研究業績

部門別研究業績

  • Ushigami T et al: Molecular typing using polymorphisms of the polyketide synthase gene (PKS1) of strains in Japan morphologically identified as Fonsecaea pedrosoi. J Dermatol. 2016. doi: 10.1111/1346-8138.13442
  • Iwanaga T et al: Quantification of dermatophyte viability for evaluation of antifungal effect by quantitative PCR,Mycopathologia 2014; 177:241-249.
  • Mochizuki T et al: Simple identification of Trichophyton tonsurans by chlamydospore-like structures produced in culture media. J Dermatol 2013; 40: 1027-1032.
  • Takeda K et al: Molecular epidemiology of a major subgroup of Arthroderma benhamiae isolated in Japan by restriction fragment length polymorphism analysis of the non-transcribed spacer region of ribosomal RNA gene. Jpn J Infect Dis 2012; 65: 233-239.
  • Kawasaki M et al: New strain typing method with Sporothrix schenckii using mitochondrial DNA and polymerase chain reaction restriction fragment length polymorphism (PCR-RFLP) technique. J Dermatol 2012; 39: 362-365,

主な外部研究資金

  • 厚生労働科学研究費補助金
  • 科学研究費補助金
  • 金沢医科大学共同研究補助金